東栄エンタープライズ

ボタン青 法面保護工

工事などで切り取った山の表面や土を盛りあげてできた斜面のことを法面(のりめん)といいますが、切土や盛土の法面はほうっておくと雨水等の影響で崩れてしまったり、表面が風化して岩盤剥落や落石事故が発生する可能性があります。 そういったことを防ぐには現地をよく調査し、適材適所の保護対策工を行うことが必要になります。
東栄エンタープライズは現地を十分に調査した上で、種子吹付工やネット張工などの比較的施工が簡便なものから、大掛かりで高度な技術を要する法枠工等まで、様々な法面保護工を迅速で的確に施工いたします。

えさぁーーーっ!

落石対策工

法面保護工

岩盤破砕工

一般土木他

仮 設 工

資材販売

ボタン茶 法面保護工の種類

国土が狭く山がちな日本では、道路や各種用地の造成をする際、山を切り開いたり、土を盛ったりして必要なスペースを確保せざるを得ません。よって、工事に伴って法面が形成されることが多く、そのため法面保護工は我が国の国土開発において重要な役割を果たし続けてきました。また、様々な条件下で、経済性及び作業性の面で効率よく法面を保護する必要性から、多くの工法や製品が開発されてきました。
法面保護の方法の代表的なものの一つに植生工があります。これは切土や盛土の法面に草や木などの種子をまき、発生した植物が法面を被覆することによる雨水の浸透防止と根の緊縛作用による表層保護を目的とするものです。植生工には種子吹付工、植生ネット工、植生マット工、植生基材吹付工(厚層基材吹付工)などがあります。
植生工以外でよく施工される工法にはモルタル吹付工や法枠工があります。モルタル吹付工は法面に5〜10cm厚程度のモルタルを吹付け、岩盤の風化や雨水による表層の侵食を防止する目的で行われます。法枠工には多くの種類がありますが、その主な目的は法枠の自重により法面表層部の安定を図るためのものと、アンカーやロックボルトなどの反力構造物としての目的で施工されるものがあります。

ボタン茶 法面保護工施工写真

法枠吹付作業

植生マット工

法枠吹付工 植生マット工

人力法面整形作業

ラス金網張り

人力法面整形 ラス張り工

ラス張りだけでもお引き受けします

ド、ドリル忘れた・・・

東栄エンタープライズ株式会社 〒708-0007 岡山県津山市総社970-1 TEL0868-35-0844 FAX0868-35-0824

Copyright © Toei Enterprise Corporation. All Rights Reserved.